事業案内

福祉車両整備

Welfare vehicle maintenance

TAKIKAWAJIKOU で整備する福祉車両

こんなトラブルありませんか?

  • 「メンテナンス契約」車両の修理依頼をリース期間に出したら断られた
  • 至急で修理を頼みたかったが、「今すぐには無理」と断られた
  • 修理をお願いしたが、遅い、高い、見積もりがないなどデメリットが多い

困ったときは

あなたの街の優良会員店
福祉車両アドバイザー
がいるお店にお任せください!

滝川自工の担当者は福祉車両アドバイザー2級所持者です。

当社では、「安心・安全な車両サポート」を心がけています。自社板金・塗装・修理工場を完備!福祉施設でお使いのリフトタイプやスロープタイプといった福祉車両の板金・修理もすぐに対応出来ます。また自社車検場も完備しておりますので、特殊な福祉車両もスムーズに格安で対応致します。代車もご用意しております。詳しくはご相談下さい。

滝川自工では、安心な
全面サポートを致します!

  • 1

    福祉車両のレンタカー貸出し

    車検や修理、板金時に福祉車両のレンタカーをご提供できます。今お使いの福祉車両に近いレンタカーなので、通常業務に近い運用が出来ます。

  • 2

    突然のトラブルにも安心!

    トラブル発生時には専門スタッフが電話にて対応致します。さらに、サービスカーにて出張修理(地域による)も行っております。

  • 3

    自社、板金・塗装修理工場完備!自社民間車検場完備!

    当社では自社板金・塗装・修理工場を完備しておりますので福祉車両の板金・塗装・修理もすぐに対応出来ます。

  • 4

    福祉車両を高価買取、
    下取りいたします!

    福祉車両専門店である当社なら高価下取・買取をさせて頂きますので、お乗換えや売却をお考えの方は是非お問合せ下さい。

  • 5

    お得なリースサービス

    リース契約により次のようなメリットがあります。

    ■ 経費処理の簡素化
    ■ キャッシュフローの改善
    ■ 総資産の圧縮化
    ■ 車両管理の合理化

滝川自工で取り扱っている福祉車両のご紹介

リアリフトタイプ(福祉車両)

リアリフトタイプは車イスのままリフトでスムーズに乗り降りが出来、介助の負担を軽減するタイプの福祉車両です。簡単な操作だけで昇降するリフターつき。車いすの方も、介助される方も安心してご使用頂けます。最近ではミニバンタイプに純正のリフトが搭載されているものが多く、ハイエースなどの大型車でなくても普段使いに使いやすい車両が増えました。

福祉車両についての
よくある質問

家族の介護のために福祉車両
の購入を考えていますが、
どんな点に注意したら
よいのでしょう?
一番重要なのは、介護を受ける方が無理なく移乗出来る事です。実際に試乗車や展示車に乗車して頂き、乗り心地を試されるのが良いと思います。そのほか、介護者側の状態、主な使用目的、家族構成などが選ぶ際のポイントとなります。
福祉車両は駐車禁止規制の
適用除外になる様ですが、
どの様な手続きが必要なの
でしょうか?
歩行困難な身体障害者が自分で運転する場合や、家族など介護者の運転する車に同乗する場合、「駐車禁止規制除外票」を車の全面に提示する事によって適用除外を受けることができます。手続きは、居住地を管轄する警察暑に申請します。但し、適用除外を受けていても駐車できない場所もありますので、最寄の警察暑でご確認下さい。
自動車税、自動車取得税の
減免を受けるには、
どうしたらよいのでしょう?
自動車税、自動車取得税は、減免になる場合と全額免除になる場合があります。 お住まいになっている自治体によって、それぞれ条件が異なります。また、決められた期限内に申請する必要があるなど、各都道府県の税事務所、又は、福祉事務所にお問合せ下さい。

「安心・安全な車両サポート」

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

(011)811-5955

事業案内一覧へ

facebook

© 2016 Takikawa Jikou All Rights Reserved